LAST UPDATED ON: 09-APR-2024
[ JAPANESE / ENGLISH ]

北海道大学〜アルバータ大学では多次元核磁気共鳴(NMR)法によるカルシウム結合タンパク質トロポニンCの構造と機能の解析に従事しました。産総研では日本産動植物由来不凍タンパク質(Antifreeze Protein, AFP)の基礎と応用に関する研究を行いました。現在は、X線1分子動態解析法(DXT)等の新しい分光学的手法を用いることで、AFPが示す熱ヒステリシスや細胞保護活性の仕組みを解明しようとしています。こうした研究の成果を活用することで、安全性、安定性、量産性、省エネ性を満たすAFPテクノロジーを実現して行きたいと考えています。

津田 栄

連絡先: 津田 栄.東京大学新領域創成科学研究科物質系専攻多次元計測科学講座. 〒277-0882 千葉県柏市柏の葉6-2-3 東大柏IIキャンパス産総研イノベ棟2109室(地図).E-mail: s-tsuda@edu.k.u-tokyo.ac.jp. 当WEBページに掲載している文章、画像、動画等の転載・無断使用を禁止します。